甲佐町の外れ、ひっそりと佇む小さなレストラン

「欒時」という店名には大切な人と美味しい時間を過ごして欲しいという想いが込められています。

国産、県産、甲佐町近隣で採れたお野菜やお米、身体に優しい適度な動物性食材、安全な植物性食材を使用してオリジナルに富んだお料理を提供しています。

 

旬を大切にジャンルにとらわれない、素材を活かしたお料理を心がけて日々、店主が一人で切り盛りしております。

 

 

    営業時間  

                ランチタイム 11:30~15:00

    【11:30~18:00】L.O17:00

             

 ディナー営業☆前日迄の要予約 

              

  (2名様より~21:00】L.O20:00

 

                                                                       

                 木曜日店休日(不定休あり)

 ☆駐車場はお店裏手に4台ございます。

駐車場が狭いため、ご迷惑をおかけしますが

ご協力をよろしくお願いいたします。

            

欒時までの道のり。~access~

週末は家族連れや若者達で賑わう乙女河原を過ぎ、嚠嚠と流るる緑川沿いを走る。

春先は菜の花畑があちこちに広がり、季節外れの冬の向日葵群に出会ったりする106号線。

おおらかな山並みが目の前に広がり、キラキラ光る緑川を眺めながら真っ直ぐ走ると38号線に入る。

 

「甲佐町へようこそ」の看板。

たどり着いた小さな商店街の通り沿いには涼やかな小川が流れ、古くからの軒並みが連なる。

 

普段は閑静な甲佐町も夏の「あゆまつり」には多くの老若男女が集い、秋には「甲佐蚤の市」で想像を越える賑わいを魅せる。歴史在る「あゆのやな場」では期間限定のあゆ料理が堪能できる。

 

天気が良い日には散歩でもしたくなる風情を感じるその町中を抜け、元気な子供達の声が谺する小学校裏門を過ぎ、

小川の見えなくなるその先に。

 

住宅街に馴染んでひっそりと佇む「diningspace欒時〜らんどき〜」は点在しています。

 

玄関を入ると異空間とも言えるその場所は初めて来たのに懐かしい。。。

なぜかそんな感情を抱いてしまうような。

 

肩肘張らず、居心地の良い空間作りとお食事の提供を。                        

 

 店主はそんな気持ちで皆さんをお待ちしております。

 

【熊本バス】

熊本交通センターより出ているオレンジのバスに揺られて景色を見ながらの「バスの旅」もオススメです。

(所用時間40分)

熊本クレアからは20分ほどで着きます。(甲佐バス停留所より徒歩10分)

運転しながらだとゆっくりと眺められない見慣れた風景も時にはバスの車窓から観察していると楽しいものです。

 


お車でお越しのお客様。

熊本市内より車で30分〜40分         ★駐車場は店舗裏手小さな面積の駐車場あり。4台ほど(いっぱいの場合、店先に1台可)

 

「熊本市内より」

浜線バイパスを熊本クレア方面へ直進、御船方面へ左折後、甲佐方面へ右折15〜20分ほど甲佐町商店街へ向けて直進、甲佐高校入り口・ほっともっと甲佐町店より2叉路を右方向へ、右側に流れる小川を見ながら甲佐町商店街を直進、甲佐小学校裏門(左手に見ながら)直進、桃崎整形外科様(右手に見ながら)直進3分、右手に店舗あり。

266号線→445号線→106号線→38号線→443号線

 

「宇城・松橋方面より」

218号線を美里方面へ直進、豊野を過ぎ、標識に従い甲佐町方面へ左折(105号線)、道なりに橋を渡り、点滅信号から右折、甲佐町商店街を直進、甲佐小学校裏門(左手)を直進、桃崎整形外科様(右手)を直進3分、右手に店舗あり。

 

 「御船方面より」

443号線より甲佐町方面へ直進、T字交差点、セブンイレブンを左手に見ながら左折、甲佐高校入り口・ほっともっと甲佐町店より2叉路を右方向へ、左側に流れる小川を見ながら甲佐町商店街を直進、甲佐小学校裏門(左手)直進、桃崎整形外科様(右手)直進、から3分、右手に店舗あり。

 


photo gallery

party box


欒時カレー

所狭しと飾られた雑貨は店主が集めたモノや頂き物を大切にディスプレイしています

マイルドカルボナーラ


ランチプレート☆


毎日変わるランチはその日のお楽しみです


欒時の物語。

2001年、4月に南区にオープンした「diningspace欒時」店名は店主が考案した造語で「家族団欒」からヒントを得てくつろいだ空間で美味しい食事を大切な人と楽しんで欲しいと言う想いから命名しました。


2012年に甲佐町へ移転し、店主一人で切り盛りしています。

想いはオープン当初から変わらず、作り続けるお料理にも変わらない味と新しい息吹を入れながら現在に至ります。


お店の営業の他にイベントやケータリングなどで出店させて頂くようになり、以前よりも活躍の場が広がりました。


また様々なチャレンジができるよう、凝り固まる事無く躍進して行きたいと思っています。